ネットビジネスによくある詐欺疑惑と真相!ユーネクストビジネス(younext)は?

ネットビジネスによくある詐欺疑惑と真相!ユーネクストビジネス(younext)は?

こちらのビジネスはすでに募集終了しています。

▼現在オススメのビジネスはコチラ▼

疑惑=詐欺というわけではない

副業を始めることで生活を変えようとする場合、多くの前準備が必要です。

作業環境を整えることの他に、これから始める副業の選定や税金に関する勉強に至るまでそれは多岐にわたります。

中でもとりわけ重要なのがこれから始める副業の選定です。

副業の中には詐欺疑惑をかけられている情報商材も多く、情報収集をサボると始めた副業で稼げないだけでなく逆にお金を失うことにもなりかねません。

難しいのは詐欺商材だと批判されている副業全てがそうではないことです。

最近登場したユーネクストビジネス(younext)もネットでは様々な情報が飛び交っているように思います。

ネットビジネスは怪しい、詐欺が多いという印象を持っている方も多いように感じられるので大いに誤解もあると思います。

特に情報商材の業界は多いように感じます。

詐欺商材だという批判を盲目的に信じることは、得るはずだった利益をみすみす逃すことと同じではないでしょうか。

ですから副業の情報収集は入念に行う必要があり、またファクトに基づいた考え方を心がけなければならないわけです。

目をつけている副業に対する「詐欺商材だ」という一つの批判を目にした時、その批判内容が本当に正しいのかどうか適切に判断することが重要になります。

出ている情報に対して、批判に対してどのように向き合うことが正しいのか、 ユーネクストビジネス(younext) の場合で考えてみましょう。

この記事では ユーネクストビジネス(younext)に関してされている批判を紹介すると共に、批判に対する私なりに考えた原因と真実をお伝えしたいと思います。

ユーネクストビジネス(younext)って?情報商材は詐欺なのか?

まず情報商材についてです。

情報商材はノウハウに価値をつけて販売しています。その為物体は存在しません。

ノウハウがあれば比較的作りやすいので質の悪い情報商材が一時期出回った事もあって詐欺、怪しい、悪質という印象を持っている方多いと思います。

ですが、全ての情報商材が詐欺というワケでは無いと私は思います。

中には良いものもあるでしょう。

頭ごなしに否定するのではなくまずはどのようなものなのか中身を見てみても良いかもしれません。

ちなみに ユーネクストビジネス(younext)もネットビジネスや情報商材といったビジネスノウハウのカテゴリーに属すると思います。

「簡単に稼ぐ」などキャッチコピーにも詐欺だと批判が?

「簡単に稼ぐことができる」という ユーネクストビジネス(younext) の謳い文句もしばしば詐欺であると批判される材料になっているように思います。

簡単に稼ぐということがどういうことなのか、詳細が公開されていない不信感から批判を受けているというのが私の推測になります。

また簡単に楽しく仕事をできることなんでないと考えている人が多い印象があります。

表現については消費者に誤解の内容に表現をする義務があります。

しかし、あまりにもわかりずらい専門用語や言葉を並べられると読む気すら無くなってしまいませんか。

また、ビジネスにはそれぞれコンセプトがあります。

これはビジネスモデルだったり実際の作業によってイメージされた内容をビジネスの説明に利用する行為です。

人的にはわかりやすい方が助かります。イメージがしやすいことで全体像を把握しやすいからです。

キャッチコピーについては判断できませんが、 ユーネクストビジネス(younext)の説明はわかりやすいのかなという印象を持ちました。

返金保証制度の条件もチェック!詐欺商材にはある特徴が?

ユーネクストビジネス(younext)には、返金保証制度が用意されていますが、この内容についてはよくチェックしておくべきでしょう。

また返金保証制度の条件が厳し過ぎるのではないかと意見もあるように思えます。

厳しい条件とは感じませんでした。

ユーネクストビジネス(younext)の返金保証制度の条件を見てみると「1ヶ月以内に稼げなかった場合はお返しします」と言われています。

これは果たして条件として厳しいのでしょうか。

ネットビジネスでは返金が難しいところが多いように感じます。

それは返金やクーリーングオフの対象になっていないからです。

対象になっていない場合は企業が無理に対応する必要は無いので返金してくれないケースもあります。

消費者は悪徳なビジネスや無理に買わされるなどの行為を行われた際にクーリングオフ制度によって守られます。

これは守らなくてはいけない条件に当てはまっているからです。

逆にいえば守られる条件に当てはまっていない場合もあるという事です。

消費者が自分の意思で選択肢、足を運んだうえ納得して購入したモノに関してはクーリングオフの対象外になってしまいます。

ネットビジネスの場合ビジネスノウハウを購入者が欲しいと思いやり取りをした上で購入という形を取り、自らの意思で調べているのでクーリングオフの適用は難しいでしょう。

それに比べると ユーネクストビジネス(younext)の返金保証は優しいように感じました。

全情報を公開している情報商材は無い

ネットビジネスにおいてノウハウやビジネスモデルを公開しているところは殆ど無いと思います。

情報漏えいやライバル他社が同じ様なビジネスを展開してくる可能性も否定できません。

特にネットを使っているので情報のもれが非常に心配です。

こういった理由もアリ情報を公開していないと推測されます。

ビジネスモデルやノウハウについては直接の連絡で尋ねるのがいいでしょう。

公の場で公開するのは難しくても1対1でなら情報公開の幅も広がるかもしれません。

情報を公開していないからと言って詐欺ビジネスだとか怪しいと判断するのは危険です。返って自分に不利益が及ぶ場合も考えられるからです。

詳しく知りたい方は直接連絡するようにしましょう。

ユーネクストビジネス公式サイトへ

ユーネクストビジネスカテゴリの最新記事