アップル(Apple)副業で月10万円稼げた?実際に参加した人の体験談

アップル(Apple)副業で月10万円稼げた?実際に参加した人の体験談

こちらのビジネスはすでに募集終了しています。

▼現在オススメのビジネスはコチラ▼

現在、多くの人が副業を検討していることでしょう。

経済的に既に厳しい人もいますし、コロナ過の影響で将来のお金について考え始めたという人もいるでしょう。

私達が生活するには、どうしてもお金が必要になります。

電気もガスも水道も使わず、携帯などの機器もなく、自給自足で生活することは不可能と言っても良いでしょう。

また、家賃や固定資産税等のお金も必ず必要になってきますので、生きていく上ではどうしてもお金がいるのです。

足りない収入を副業で補う。

その方法としていま注目されているのが「アップル(Apple)」という副業です。

今回はこのアップル(Apple)について詳しく見ていきましょう。

アップル(Apple)の稼ぎ方は現実味があるのか

アップル(Apple)の稼ぎ方は、その性質上参加してみないと明かされないものになっています。

アップル(Apple)は、その情報の希少さや一般的に知られていない方法だからこそ高い価値があります。

そのため、多くの人が知ってしまっては価値が下がってしまうようなビジネスになります。

ですので、公に情報が公開されることはないのですが、この稼ぎ方は現実味のある方法なのでしょうか。

実際に参加してみた方(Xさん)の話では、非常に再現性の高い方法だと感じているようです。

また初心者でもと公式が謳っている様に、誰でも参加しやすい方法とのことです。

Xさんはこれまで、多くの副業に挑戦しては失敗してきました。

転売をやって、不良在庫が多くなり辞めた経験もある様です。

一時は売れる商品が見つかったので、確信を持って挑戦していました。

しかし、転売で大切なのは、売れる商品を売ることではなく、売れない商品をいかに損失を少なくさばいていくのかでした。

そのあたりがXさん自身苦手だったので、結局作業時間をかなり使ったのに、収益はそれほどなかったようです。

その他、いくつかの副業に挑戦してきましたが…どの副業も

「才能や知識・経験が大きく左右する」

という性質がありました。

最初からこれらを持っている人はいいですが、Xさんはそういった方たちとは違って、いたって普通の人だと言います。

そんなXさんが初めて成功したのがアップル(Apple)でした。

アップル(Apple)の稼ぎ方は、これまで挑戦してきたどの副業とも違っていて、非常にシンプル且つ、仕組み化されている稼ぎ方でした。

専用ノウハウを使用して稼いでいくのですが、知識や経験がなくても、誰でも同じように稼ぐことができるようになっているというのです。

アップル(Apple)を真剣に1ヶ月やった結果

Xさんは、現在の給料だけでは、思うような人生を歩むことができないと感じていました。

というのも、Xさんは物を集めるのが趣味で、フィギュアやDVDボックスなど、色々な物を集めています。

しかし、これらは非常に高価なものが多く給料だけではどうしても足りないのです。

また、現在30代前半ですが、そろそろ結婚も考えたいと思っていたようです。

自分ひとりの生活も満足に送れていないのに、家族を養うなど、到底不可能です。

だからこそ副業に挑戦してきたのです。

さて、そんなアップル(Apple)を真剣に1ヶ月やってみました。

仕事は残業もある程度ありますが、平日の夜に1時間程度の時間をとることは問題ありません。

また、土日は趣味に使っていた時間をアップル(Apple)に割いて挑戦しました。

その結果どうだったのか。

なんと初月から10万円の利益を出すことに成功しました。

本業の収入が30万円弱ですので、合わせて40万円とだいぶ余裕になった様です。

もちろん、初月でそれなりに時間を使いましたので、体力的にはかなり厳しい1ヶ月でした。

しかし、普通に働くよりも短い労働時間で、10万円金額を作り出せたことに感動しました。

慣れてきて、今は初月の仕事量より余裕で倍近くの20万円を稼げる様になったようです。

それでも十分に給料くらい稼げているので満足していますが、できるならもっとアップル(Apple)に充てる時間を増やしたいと思いました。

ですので、現在は残業の少ない会社への転職を検討しているのです。

今からアップル(Apple)に参加する際の注意点

アップル(Apple)は、参加者が多いから稼げないといった類のビジネスではないと思われます。

しかし、確かに参加者が少ない方が稼ぎやすいというのは事実だと思っています。

Xさんがスタートしたのが3ヶ月程前になりますが、今から参加した人でも十分稼いでいくことはできるのではないでしょうか。

アップル(Apple)に参加する上での注意点としては、

「自分の行動を制御する」

ということです。

このアップル(Apple)の稼ぎ方がいかに良いと言っても、どうしてもある程度の時間をかけないと収入には結びつきません。

そのため、Xさんは現在の生活から少しずつでも時間を確保するために努力しました。

こうした努力ができなければ、アップル(Apple)を使っても稼ぐのは難しいでしょう。

もちろん、自分のライフスタイルに合わせた挑戦は可能です。

Xさんは、平日の夜と土日に時間を取っていましたが、主婦の方が子供がいない平日の昼間だけの挑戦をしてる方もいるようです。

土日も家族と過ごす時間を大切にしたいということでしたので、Xさんよりはアップル(Apple)の収入は少ないですが、月に5万円程は稼いでいます。

まずは目標設定を

これはアップル(Apple)に限ったことではありませんが、副業をする上でどのくらいの収入を作りたいのか、なぜそれだけの収入が欲しいのかといった目標を明確にする事が大切です。

目標が曖昧だと、つい楽な方につい流れてしまう事が多いです。

アップル(Apple)は、非常に稼ぎやすい副業ではありますが、それを実践するのはあくまでも自分です。

中には、折角アップル(Apple)に参加したのに、時間をほとんど割かずに稼げなかった人もいるようです。

それは、非常に勿体無いことだと思っています。

多分この方は、稼いだお金で何をしたいのかといった事を真剣に考えなかったのでしょう。

今遊ぶことを優先して、将来のお金を逃す。

価値観は人それぞれですので、否定するわけではありませんが、将来の経済的な不安を解消するために参加したのであれば、ある程度今の生活を制限する必要があるでしょう。

そのためにも、まずは参加する前に目標設定をして欲しいと思っています。

難しく考える必要はありませんが、

  • どのくらい稼ぎたいのか
  • そのお金で何をしたいのか
  • 月いくら貯金したいのか
  • 月に最低どのくらいの金額があれば自由に暮らせるのか

といった事を見つめ直して、真剣にアップル(Apple)に取り組んで欲しいと思っています。

まとめ

今回は、アップル(Apple)という副業について見てきました。

失敗続きのXさんは、正直お金を稼ぐ自信がなかったそうです。

しかし、誰でも稼げるように仕組み化されたアップル(Apple)では、思っていたよりも簡単に稼ぐことができました。

これは、Xさんだけではなく他の参加者も共通の意見のようです。

お金が自由に作れると、人生の選択肢が大きく変わることになります。

貯金もできるようになりますし、趣味にもお金を使うことができるようになります。

是非経済的な不安を抱えている人は、挑戦してみてはいかがでしょうか。

アップル(Apple)LINE登録へ

APPLE(アップル)特商法

販売社名Innovation Blue Investment Limited
イノベーション ブルー インベストメント リミテッド
運営責任者Wang Zhiwei
所在地Unit B,19/F.,Queen’s Centre,58-64 Queen’s Road East,Wan Chai,Hong Kong
電話番号03-6709-1062
メールアドレスinfo@neo-advance.com
問い合わせ時間10時~20時(日曜日休業)
退会方法退会希望はアドレスへ連絡してください

アップルカテゴリの最新記事